海外格安航空チケット 海外 宿泊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すれ違い

某国民的DQNゲームの通信機能について。
簡単に感想を述べると

「すれ違いで終わっている」

ことが残念。


結局そこから先には何もないんだよね。
噂では通信関連は軒並みカットされたそうだけど。

著名人やメディアがこぞって「すれ違い」を連呼するんだけど、
俺的には「で?そん次は?」と思うだけ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%A1%E3%81%8C%E3%81%84%E9%80%9A%E4%BF%A1

と、このようにDQNゲームだけではなく、たくさんのソフトがそういう機能を持っているんだけど。


インターネット上ではなく、リアルで~というところが「新しい」のかなあとも思うけど
どうなんだろう。

ネットユーザーからすれば、いやもっと限定して…

MMOプレーヤーなんかからすれば「その世界上」で誰かとすれ違うことなんかしばしば。
時にはディールからデュエルに発展することもある(笑)。

XboxLiveなんかではどんなゲームにおいても一回同じゲームをプレーすれば
ゲーマーカードを見ることも出来るし、フレンドになることも出来る。


「すれ違い」で終わってしまうというのが本当に悲しい。
いや、だからこそ気軽で楽しいのかもしれないが。逆にネ。



http://www.hiromutaori.com/2009/09/08/20090909/

そもそもこのエントリを書こうと思ったのは↑この記事がきっかけ。

俺から見るとそこに「ドラクエという大きな世界」は存在してないんじゃないか、と思うんだよね。
共有できてないっしょ。

各個人個人の中に別々にドラクエという小さい世界が存在している感じ。


「すれ違う」ことで、より「小さく」なっているんじゃないかと。

たとえば、他人との差を思い知らされるというか。
そうすると人間って自分がちっぽけだと思うこともあるし。
まあ俺はDQやってないから実際どうなのかは分からないけれど。

しかしそこで、すれ違いじゃなくて「つながり」がもてたら世界はぐっと広くなると思うのですよ。

その代表がインターネットであり、mixiをはじめとするSNSだったりするんじゃないのかな。


いくらすれ違っても「結局一人」。
そう思ってしまう。

「すれ違い通信」ってのはいわゆる通信プレーをカットした挙句の、苦肉の策だったんだろうけど。



箱ユーザーとしての所詮、外から見た感想ではあるが。


まあ、じゃあ「次」って一体何よ、と言われるとそれもまた難しい。

一歩間違えば、というか角度をちょっと間違うと

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3
こうなるわけで。


結局、
日本人の国民性では「すれ違い」程度が一番合っているのかもしれんなあ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

個人的にはドラクエは他人と「共有する」ものではないと感じます。
そもそもドラクエにおいてはプレイヤー=勇者であり、オンリーワンな存在だと思うのですよ。
したがって「自分だけの世界」に他人が入ってくると、プレイヤーが一歩引いた視点でゲームを見てしまうような気がします。
だからヒバリさんがいうようなすれ違い通信をした後の「次」はないほうがいいような気がします。
ライトユーザーには敷居も高くなりますしね。

Re: タイトルなし

> そもそもドラクエにおいてはプレイヤー=勇者
その発想はなかった。
というか最近のRPGってぜんぜん勇者してなかったしねえ。
イースオンラインはry

さて、つまりは自己完結型のRPGでよかった、ということですが
wifiだかの通信プレー機能が実装されてたら世間からはまた違った評価だったんでしょうねえ。

世界観といえば、FFXIみたいなのは敷居は高かったと思うのですが、なんとなく成功してしまってますね。すこしふしぎ。FFというブランドのせいでしょうか。

対して自己完結で終わらないのが任天堂のポケモンだったりするのが面白いところです。

ヒバリさんのコメに返信しようとしたら、なんか禁止ワードが含まれているらしく、弾かれまくりです。

ヒバリさんどんなワードを禁止にしてます?

それほどヤヴァイ文書いてるとは思えないんだけどなぁ。

スレ違い

すれ違いは、「おまけのつもりだった」そうな。
そして、一部の珍しい地図の存在で予想外に盛り上がり、話題になった様子。
(ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/03/news071.html)


その辺りの良さげなトコロは、DQⅩ(Wii?)で反映されて、
件の「次」が出てくるのかなぁ、と希望的観測したりしなかったり。

すれ違いやマルチプレーは、機能が限られた分
プレーヤーが工夫して遊んだりしなかったり。


ただ、リアルルイーダを実際に見た印象は

何かが異様w


ちゃっかり特別親善大使を目指してますが何か

Re: タイトルなし

禁止ワードリスト
aslikehobby.blog48.fc2.com/blog-entry-194.html

板違い

DQってユーザーの反応見て続編作ってるわけじゃないし、XはWiiだし…。
面白いという人は居ても名作と言う人は少ないのが9であるのかな。
俺みたいにDQブランドに興味がない人種からすると、本当にどうでも良いレベルのゲームなんですけどね。

ポケモンは行列がすごかったらしい。
任天堂はGBの頃から交換を主としてユーザーのコミュニケーションを上手くゲームに取り入れてて、そういう方向性がはっきりしてますよね。
すれ違い、どころじゃなくバトルだし。
ぶつ森なんかも。

ゲームのボリュームはユーザー次第、みたいなところがこれからのRPGかもしれませむ。
※黄金の絆みたいなのは除く

ゲームのボリュームはユーザー次第っていうとオブリみたいなものを考えていらっしゃるのかな?

ただオブリが日本で受けるかどうか・・・。

そもそもドラクエにボリュームを目的とする人がどれだけいるのかって話ですけどねー。

あとなぜか禁止ワードに引っかかってないっぽいのに投稿できなかったようです。

ヒバリさんのブログの運営元が独自に禁止ワードを設定しているんですかね。

なにやら

URLをそのまま貼ると
禁止ワードに引っ掛かるみたい。

オブリとか

MHもそうだけど、あーいうのはメーカーが膨大な数のクエストをあらかじめ用意しているわけでそれは違うわけですよ。
そういう単純な「数」ではなくうんたらかんたら。

URL

http://を禁止にしているのでh抜きとかで貼らないとアウトです。じょ。v-40
※本文禁止ワード
Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。