海外格安航空チケット 海外 宿泊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EZ965にHD6450を載せてみた

DSCF1837.jpg
HIS Radeon HD 6450 1GB DDR3 [H645H1G]
ツクモネットショップで5000円ちょっとでした。
隣のBD-Rは型番変更処分品とかで25枚入り約1980円。

PCの方はAopenのXC CUBE EZ965

ただのキューブ型 省スペースベアボーンですな。
CPUはCore 2 Duo 6400。
5年前は十分なスペックでありました。


さて、グラボ換装ということで以前のグラボは…
Winfast PX6200 TC 128MB とかいうショボいやつ。
EZ965は

大きさはHD6450とほとんど変わらず。
なので無事マザーに取り付け出来ました。
gpuz_hd6450.gif

気になる性能差は?
まあ、元々GfWの銀河英雄伝説をやるためだけにグラボを交換したかったので、そこまでスペックを要求してはいないのですが。
さすがにGeForce6200に比べるとヌルヌル…とはいかないまでも、ある程度の設定でまともに遊べるようになりました。
元々このゲーム、グラショボイくせにやたら重いんですよ。
さすがバンナム。

スト4ベンチなら背景なしで60フレ出るくらいですね。
前は10フレくらい?だったかな。
まあスト4みたいなゲームは絶対やらないので十分ですが。

もっときちんとゲームやるんならせめてHD6570あたりがいいのですが、さすがにこのキューブだと電源が250Wしかないし、あとはスペースの問題。
PCI-eスロットが2個しかなくて、片方はキャプボが占領しているので2スロ占有のカードは使えませんし。
うん。ゲームはゲーム機でやれば◎。


アイドル時は45度。
ゲームを起動すると55~58度くらいまであがります。
とはいえ、前はアイドルでも52度くらいだったので十分。


HISのグラボを選んだ理由は、メモリ1GBで安いから。
クロシコが一番安いけど、全然出回ってないし、HD5450でいろいろと不具合があったらしく回避。


てなこって、暇なときに銀英伝をちまちま進めております。
起動したら1ステージやる感じで。

キーボードショートカットに慣れればもうちょっとさくさくなんだろうけど。
いちいちマウスでコマンド出すのはかったるいし、マウスカクついたりすると操作ミスが出るので。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

※本文禁止ワード
Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。