海外格安航空チケット 海外 宿泊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ制作会社を辞めました?だとぅ

アニメ制作会社を辞めました
http://anond.hatelabo.jp/20120712005200
(7/18 匿名のくせに本文削除されたのでweb魚拓へリンク変更)

に対して。
ツイッターや音楽ブログの方ではアレなのでこっちのブログにまとめます。

なんかこの方批判ばっかしてるんだけど、じゃあなんでそんな業界に3年も居たの?っていう。
要するに本人にもアレなところがっていう。まあ、はてなに書いちゃうくらいだし。

で、はっきりいってしまうと、これ「僕はとても無能です」っていう自己紹介文ですよね。
別にこの方の人格批判をするつもりはありませんけど。匿名ですし。
「ブラック会社に勤めてたけど質問ある?」みたいなVIPスレの方がよっぽど面白い。

アニメ業界もブラックや底辺などといわれる代表格ですが、
それは「業界」がブラックなだけであって、制作進行やアニメーター業がブラックなのではありません。

ま、俺ももう現役ではないのでアレですが思ったまんまをつらつらと。


■制作進行

いわゆる制作進行の給料は16~8万円くらい(前後はありますが、どこも大体同じです)。
雇用形態はたいてい業務委託契約となります。
これは1日8時間労働?週40時間?とかの労働基準法とかに引っかからないようにするためだと思います。たぶん。
1日に12時間は拘束されるし、ほぼ帰れない日が続くのでこの形態が一番都合が良いのでしょう。

まあこれ逆手に取れば、進行はどんだけぐーたら働いてても17万円もらえるってことです。
クソまじめに働こうが同じ17万円です。
帰れないとはいうけれど普通に帰る人も居ます。

「進行って寝る暇ないほど忙しいんじゃないの?」
とも言われてますが、寝る暇はあります。
カットだって24時間休みなしに動いているわけではありません。
作画監督や外注が動いてない時間なら自分もやることありませんし寝ます。

ただ単に、そういう暇な時間ってのは規則的には来ず、
昼間に突然暇になったり、今度は夜中に監督がやる気出したりして臨機応変にカット回してたりするわけです。

だから規則正しい生活なんてのとは無縁ですが、でも趣味の時間は作れます。

会社にDVD持ち込んで映画見てたり、携帯ゲームでゲームしてたり。
レイアウトや原画(原図)を取りに行くついでに買い物したり。

そういうある意味サバイバル?な環境に合わない人はとことん合わないでしょう。
毎日8時間がっつり寝られるわけではありませんし、毎日家で風呂に入らないと気がすまない人には絶対無理です。
カット管理やカット回しに慣れることができなければ、毎日徹夜でカットを回す羽目になるのは必然です。

ただ、そういう人間的生活を捨てられる、特に人間を超越している人なら十分やっていけます。


たとえばサービス業ではありませんので、コミュニケーション能力は必要最小限で済みます。
絵描きさん(いわゆるアニメーターのことですが、アニメーターというのは狭義なので自分はこう呼びます)に仕事を依頼する能力、デスクに進捗を伝える能力、外注からカットを受け取る能力、んーあとはあまり必要ないですね。
同僚との会話はあまりありません。
そもそも隣の進行が何をやっているのか知ったこっちゃありません。そんな余裕ねえし。
担当話数が違ければ、別次元です。

それを知るべきなのはデスクであって、進行ではありません。


なので、あまり責任とかに囚われずただ自分の仕事だけをこなしたい人が進行には多いです。
というか、そういう人が残るってだけですが。

自分の仕事さえ終わらせてしまえばいつ帰っても問題ありません。
朝来て昼帰ってもOKです。カットが回ってるなら誰も文句言いません。
むしろカットが回る気配がなければ平日に休もうがノープレです。
そこまでスケジュール読めるなら進行なんかやってませんね。はい。


で、大体の人は半年~1年で辞めます。
面白くないですしね。

でも、2年も3年もそういうクソみたいな仕事をこなしていると、やはり能力もいつのまにか身につくわけで、
そういう人はあれよあれよとデスクなんかになれます。
(上がなかなか退かない業界なので現在ではそこより上に上がるのは難しいです)

逆に、進行を何年も何年も続けている人がいたらそれは本人に能力がないか、進行が楽しくてしょうがない変な人だと思われます。

いくらコミュ能力が要らないとはいえ、監督や絵描きさんとはそれなりに会うわけで顔を覚えられますし、そんだけやればカットの回し方もわかっているわけですしね。
そういう人をいつまでも進行で使っていては会社としてももったいないし逆に効率が悪いです。


あ、ちなみにアニメ好きな人は進行という仕事は長続きしません。
現場を知ったら嫌いになってしまうので。


進行というものに対する補足はそんなとこですね。

実質的には業務委託契なのではないでしょうか。
会社と契約して馬車馬になってよ。
管理職や役員の待遇はよく知りません。
制作デスク以降、役職がつくと手当てがあるようです。

3年もやっててなんでこのへんが曖昧なんでしょうか。
このあたりにこの人の無能さがにじみ出てますね。
自分の雇用形態すら分からないとか。
普通、どんな仕事でも最初に契約書書くはずですけど。

まあ手当てというか、大体の会社ではデスク以上の人はボーナスが出ます。これは事実。
というかそこらへんから業務委託ではなく契約社員になります。
つまり役職がつくというより、そもそも雇用形態が違うわけです。

もしかしたらこの方は最初から契約社員だったのかもしれませんが。

こぼれ話ですが、
大きい会社だと本社と派遣会社みたいな関係にして、偉い人だけが本社所属って感じになってます。
今はこれがどこでも普通かもしれません。
まあ、制作で何か問題が起こった場合にとても都合が良いんでしょう。
一応「入社」もしますし「社員」にはなってますけど、「別の会社」なんですよね。

派遣の多いIT業ではそんなのはよくある話のような気がします。

まあ業務委託契約なので健康保険もありませんし、失業保険は出ません。
金銭以外の待遇的にはアルバイト以下、もしくはトントンですかね。


■進行志望?

進行で入ってくる人たちには「進行志望ッス!」なんて人はまずいないわけで(居るとしたらそれは進行というものを理解していない人でしょう)、将来を考えて進行に入る人ってのは演出志望だったり、プロデューサー志望だったり。
やっぱり進行ってのはそういう人へのアニメ業界への入り口、最初の下積みになるのは事実ですね。

逆に目的意識のない人もたくさんいます。というかそいつらがたくさん残ります。
進行って別に絵描くわけじゃないんで、技術も経験も要りませんから。知らなければ指示されたとおりに動けばいいし。
指示聞かない奴はクビです。そりゃアニメに限らずどこでもそうだ。
あ、運転免許は要ります。


演出、という単語が出ましたが、演出というのはキャラにどんな動きをさせるか、カメラをどう動かすか、まあそういう脚本にあわせて映像や振り付けを考える方たちのことです。

進行というお仕事はカットを回す、つまり物理的に持っていろいろ回りますので必然的にカットを目にします。
(カット:原画動画なんにせよそれらすべての絵のこと。それぞれ「カット袋」に入れて持ち歩く)
そしてカットと一緒になってるタイムシート(動画の演出フレームなんかを書いておく紙)も目にします。
一応、進行は作打ち(作画の打ち合わせ)にも出席する「なりわし」になっているので(監督・演出家と絵描きさんの打ち合わせなので発言することもなく、進行が無理してまで出る意味はない)、演出さんと話をする機会もあります。

なので、演出を勉強するために「まずは進行から」と、やらされるところも多いです。
簡単な演出を任されるレベルになると演出補助、演助となったりして進行業務から卒業します。
※すべてのアニメ会社がそうというわけではありません。

あとはアニメーター志望だけどなんとなーく進行をやっている人もたまーにいます。
会社所属のメーターの場合は人員不足のため、うまいこと言いくるめられて進行に回されてしまう人も。
TV話数での動画のリテイク要員とか、そういう突発的対処で都合の良い配置になることもなくはないですが…。
「海外出してる暇ないからこれ直しておいて」とか。作監スルーレベルの超納期優先なイレギュラー処置など。
でも、本当に「描ける人」は進行やらされませんしやりません。

「作監スルー」ってのは本来はあってはならないことです。
カットはすべて作監がOKして原画が上がります。…上がる「はず」です。
まあでも、絶賛放映中なアニメとかは脚本が何度もリテイクされたりすると、ギリギリむしろオーバーしてるんじゃね的なラインでやってたりもします。
そうなると作監なんか通してる暇ないのでスルーして動画会社やいろんな方面にぶん投げます。
もちろん作監さんは怒りますが、放映できないよりマシなので。

放映に間に合わせるためならなんでもやります。

こうしてアニメ業界の人たちは皆プライドを失くしていきます。


あとはカッティング(編集)・撮影の終わったHDDをTV局に納品すればクソアニメの出来上がりです。
アフレコで声優さんとおしゃべり?進行はそんなの知ったこっちゃありません。
そんな暇あったらカット回すか寝ます。

作画がキャベツだって?プロデューサーのやる気があればDVDで修正しますん。


■簡単なおしごと

さて、こんな感じで進行がやるのはカットを回すだけの簡単なお仕事です。
制作部に所属してますけど、ぜんぜん「制作」という漢字のとおりの「作っている感じ」ってのはしませんね。
たぶん気のせいです。

だってレイアウトをコピーしたりレイアウトをコピーしたりレイアウトをコピーしたりいろいろ手作業もしてるんで!
特にタップ穴つける作業は終わる気配がないしな。
めっちゃ作ってる感あるわー(棒)。

放映ギリでコピー機が順番待ちだったり物理的に詰まったりすると泣きます。

まあ1日の大半は車運転してるか仮眠してるかカット表のチェックです。
渋滞はイライラ。オリジン弁当は親友。

まあそんな感じなので、やりがいはないですし、自分の時間はあるようでないですし、なかなか家に帰れませんし、恋人なんか居たら会う時間もまともに取れませんので関係が長続きしませんというわけで。

なので、しつこいようですが進行って仕事はそれでもいいや、って人ばかりが残ります。


さて、進行要員に余裕があれば(普通はないですが新作予定が没ったり放映時期が延期したりで、ラインが突然減ることがあります)、担当話納品後に余裕で1ヶ月程度リフレッシュ休暇を取ったりもできます。

担当話という表現をしておりますが、一人の進行が1話から最終話まで担当するわけではありません。つか無理。
1ヶ月かけて1話あたり24分を作る感じで考えてください。
そうすると4~5人の制作進行でアニメ1クールを回すことになります。
12話程度のアニメなら一人あたり2~3話くらいの担当ですか。
経験が高い人が初回とか最終話、+1~2話くらいもたされます。

で、「かけもち」というのは単に2話分担当するということではなく、
人が居なかったりで3話の編集やりながら6話の作画出し~とか、そんな風に「制作期間」がかぶるので、ときに物理的に2話以上の掛け持ちになるということです。

こうなるとカットの管理が大変になるんですよね。
レイアウト(原画や背景の元)を回してるのと同時に動画や美術で外注出してたり、んで打ち合わせ~なんてそりゃこんがらがってきます。
経験者でもとちります。

ごくたまにほかのラインと掛け持ちする人も居ます。
違う作品を同時進行したらそりゃデメリットばかりであまりメリットはありません。
進行を増やさない会社側に文句を言って下さい。



■さてこの方

尊敬できる人がほとんどいない

この方、本当はアニメなんか好きじゃないのでは。
ただ、アニメを「見るのが好き」なだけでアニメ自体を好きというわけではなく、ね。

だから、アニメ自体を尊敬できないんじゃないでしょうか。

何もない白い紙に少しずつ線が増えていって、イラストになりそれが最終的にアニメになる。
それ自体すごいことだし、加えて話が面白かったら言うことはありませんけど。

一般的に考えてもそういう創作作業は、それだけでアニメ観ない人だって、普通に尊敬に値するのでは。
絵が描けない人からすれば、絵を描くということ、そしてそれでお金をもらっていること、尊敬に値しませんかね。


■個人の問題では

そういう人に自分はなれないし、なりたいと思わないし、尊敬もできませんでした。
夢を見ているだけじゃ、生活はできるけど、幸せにはなれない。そう思いました。

結局アニメ関係ねーじゃん。
てめーの問題だろ。

と言いたい。つか、言います。

「アニメ」ってところを別の職種に置き換えても全部話成り立つわ。

尊敬できないんじゃなくて、まったくしようともしなかっただけでしょう。
だって、自分の周りの人間をすべて上から見下していたんですもの。この方。


メイクやおしゃれって何?と顔に書いてあるような、男性キャラクター談義に花を咲かせている女性たちを見ていると、ひたすら哀しくなります。

ほら、こんなのただの偏見や人格批判でしかない。

こんな人はアニメの進行じゃなくても、どんな仕事をやっても絶対駄目な気がする。

だって自分が「仕事を依頼する相手に対してそう馬鹿にしていた」ってことですから。
(進行は絵描きさんに大して「絵」を発注する、という形です)

アニメ業界に居る女性の絵描きさんってのは、大体がメイクやおしゃれを捨てて絵を描くことに人生ささげてるんですよ。
逆にアニメーターでメイクも服もおしゃれしてて毎日スポーツカーでキメて出社してたら人格疑うわ。
新庄まゆは許す。


本当に相手を下に見た発言ですねえ、全部。全部が全部。
こんな人に仕事依頼されて、納期守ってくれって言われてもねえ。

仕事ってのは人と人のやりとりです。
社長やプロデューサーや監督はとても偉い役職の方ですが、所詮人です。
んで進行も、動画マンも、海外の外注なんかもとても給料が安い働きアリですが、所詮人です。

人と人が仕事をする上で大切なのは信頼です。
お金ではありません。

とにもかくにも信頼してない相手と仕事なんてできません。よね。



■支離滅裂

自分が考えて、アイディアを盛り込んで、少しでも面白くしようと努力してかけずり回って頭を下げて、誰が観ても面白くて、その結果自分の満足のいくものをつくるのが目的でした。

「誰が観ても面白くて自分が満足できるモン」なんて夢見すぎだろ。
そもそもそんなアニメ今まであったか?
ガンダムだってアンチが居る。

どこぞの党の国民の生活が第一。よりひどい。

本当に何を考えてアニメ業界なんかに入ってしまったんだろうこの人は。
そして何を学んだんだろうか。
本当に「運転技術しか」身についてないんじゃ。


学ぼうとすらしてないでしょ。

努力したけどどうにもならなかった、的なことを言ってるけど努力っていわないでしょそんなの。
ただ「自分はがんばったッス。でも誰も俺を認めないし、ハハッ、よく考えたらいまさらアニメとかねーわ」って言ってるだけ。

辞めた理由を、あえて悪い点ばかり選んで書きますが、大きな理由はひとつに集約されています。

最初にこう書いてあるんだけど、「金がない」なのか「尊敬できる人がいない」なのかどっちなんだよと。
どうせまとまらんのなら「ひとつに集約」といわず「ふたつに絞り込んだ」と最初に書いてくれ。

そもそも「金がない」のが主な理由だとすると「お金が欲しいわけじゃない!」と思ってアニメに飛び込んだ経緯はいったいなんなのよと。
建前?

なんか
「理想の職場とかけはなれてたからすぐ辞めてもよかったんだけど、まあ俺はサ、それでもやる気あったし~。そんで3年くらいがんばったんだけどぉ、誰も認めてくれないんだよねぇ。アニメーターはクズばっかりだしさぁ。んだからちょっとあたらしい自分探し()って奴?まあアレッスよ」
ってだけでしょ。
かっこよさそうに書いてるけど結局そう。

文句ばかり言っててさ、自分の落ち度や反省するところとかはまったく書いてないんだよね。

入って良かった。辞めて良かった。


これですもの。

もう人間的にどうなのよこの方。。。

さんざんアニメ業界の文句言った挙句、アニメ業界入って良かったって。なんじゃこら。

嫁の悪口散々言った後、結婚して良かった離婚して良かったわーっていうのと同じくらい意味不明。


ま、この方の話は作り話ではなさそう、ということだけは言っておこう。
一応、大体あってるし。
ところどころ「?」だけど、それはたぶん書き方がアレなせいかと。


■本当のところアニメって仕事は底辺なの?

進行はぐーたら働いてても17万も貰えますよ。
ということで制作部は底辺じゃないですね。

問題は絵描きさんの方。
よくいえばフリーランス。わるくいえばニート。

ただ、技術職といってしまえばそれまでなんですよ。

早く上手く描ければお金になる。
遅く下手であればお金にならない。

絵描きに限らず技術職は全部そうでしょう。

ただ、基準がアニメという分野では特に低いだけ。

現に、本職でアニメーターやってて東京に一軒家を構えている人も少なからず居ます。
それがごく一部だとしても、居るということは現実です。

動画をひたすらこなしても給料10万いきません。
それも現実です。

原画を1カット5000円で描く人も居ますし、2000円で受ける人も居ます。
8000円リテイクなしで提示されても描かない人も居ます。
それも現実です。


そして果たして技術職が底辺かどうか。

だって絵を描く技術ってのは誰もが持っているものではありません。

好きじゃないのに絵を描くって人はそう居ないと思います。
だから、絵描きさんたちは好きなことを仕事にしているとてもすばらしい人たちです。

動画が底辺といわれればまあしゃーないと思いますけど、芸人の下積みだって似たようなもんですよね。
でも芸人は才能次第ですが、
技術ってのは磨けば光るし、こなせば必ず金になるわけで。


まあどんだけ上手くても「儲かることはない」とはいえますけど。

そんなに上手いんなら同人で稼いだ方がいい。




■おしまい

ひさびさにハッスルしちまったぜ…。
屋上…げほげほ。

こんな放置ブログなのにな。

まー、楽とは言ってますけど人間の方には進行業務をオススメしません。
人間的生活という面から見れば、進行は底辺も底辺です。
でもブラックではありません。
だって業務委託だからクビとか損害賠償とかない限り給料出るもの。

結婚して子供も居て制作やってる人も多いですしね。

ただ、制作やりながら恋愛~結婚はうまくいきません。特に進行は。
人間捨てて制作やってください。

アニメあんまり好きじゃなくて(嫌いではない)特に目だった能もなくて、でも家に居てもやることなくて。
友達ともあまり遊ばないし週末とか意識せず、あまり町に遊びに出歩くこともないし。
でも仕事に生きがいとかやりがいとか求めたくないし趣味もなあ。
そういう人には進行業務は合っているかもしれません。

ただ、何ができて何ができないのか、というのをきちんとわかる人でないと勤まりません。

それはどの仕事でもそうですが。


アニメ好きな人はアニメ業界入らないで、これからもアニメ業界にお金を落としてください。
好きだから作りたい、なんてのが通じるのはフードサービスくらいなもんです。
エンタメ業界にそんなのは通用しねぇ。


以上。


※勢いだけで書いてますので気が向いたらちょこちょこ内容が修正やらさらに追加やらされるかもしれません。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
※本文禁止ワード
Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。